本文へスキップ

大人の音楽レッスン、作曲学んで創る力を磨いてやりがいを

弾ける、歌える、その先は曲作りを学ぼう渡利辺祥楽舎 0721-28-8000

ステキで素晴らしい曲作りたい、との意欲を伸ばす

初心者も音楽の先生も学びに来る、勉強好きの曲作り講座 渡利辺祥楽舎

作曲アレンジ講座・レッスンのご案内基礎からしっかり!

本気の大人の音楽レッスン
まごころの歌や器楽曲を作る、やりがいの話、ご一読ください。
ネットで何千万曲も聴き放題‥の時代、新作の曲を公表するのは容易でも、
歌って弾かれて聴かれるのは出来栄えのいい曲です。
ちゃんと勉強して曲作りするのがあたりまえ‥の時代は、すでに訪れています。
ペアレッスンの特典、子供のレッスンご案内はこちらに掲載
しばらく音楽活動を離れていた音大芸大専門卒の方も、スキルアップでどうぞ。

集団ゼミ、個人・グループレッスン
学び方いろいろ!…学べる内容と料金表

曲の作り方を学べる音楽ゼミ、レッスン 
曲の作り方を学べる、クリエイティブ系の音楽レッスンです。
これまでに受講生の方々が作った曲は、ギター伴奏付きポップス・バンド編成ポップス・ボサノヴァ・ピアノ伴奏付き子供ソング・ピアノ伴奏付き合唱曲や歌曲・ピアノソロ曲などです。
どちらかといえばロックやクラブ系テクノよりは、クラシックやボサノヴァやポップス一般が好きな30代〜60代が多く、男女比は男性が若干多め。
"パソコンDTMはさわらない派"と、"DTM好き派"とは、半々ぐらい。ピアノなど鍵盤楽器やギターが弾ければ、伴奏付きで曲は作れます。「DTMをさわるとしても、自分は(音響サウンド編集制作で機械装置を扱うことにたけるよりは)作曲をやりたい。メロディー作りや伴奏付けやコード進行・和声・楽器編成などを学んで、曲を作ることのほうが興味ある」という受講者の方を、歓迎しています。「曲を作る際は、楽譜を手書きする。『これが原作原本の手書き楽譜だ』‥と確かな感じがするのがいい」という人は、"DTM好き派"の人たちにもいます。

 初心者の方は、
初級の楽譜の読み書きや楽典から学びましょう。上級をめざしたい人は、「他人に手伝ってもらわなくても、伴奏や前奏なども含めてちゃんとした出来栄えの楽曲を仕上げ、その楽譜は演奏者に渡せばきちんと譜読みしてもらえる状態の清書仕上げができるようになること」をめざしましょう。
 
パソコンで曲作りする人は、DTMアプリをインストール済の自分のノートパソコンを持参すれば、「この音づかいをこうすれば、こういう和音進行で副旋律はこうなる」などとパソコンでじかに教えますが、紙の楽譜と試聴録音の持参でもけっこうです。

個人レッスン、ペアレッスン、少人数ゼミ

ご家族ペアレッスンただ今、ご夫婦・親子・孫・兄弟姉妹‥ご家族・親族
   で一緒に受講して、
2人でずっと受講料9,000円=各人4,500円(+税)。
   (『音楽学校進学対策』や『趣味以上』のスキルアップレベルは除く)。
お友達ペアレッスンお友達と連れもって一緒にペアや少人数グループで
   受講するなら、
各人1,000円引き(+税)。(『進学対策』『趣味以上』もOK)。
 音楽習熟経験がチグハグで、弾ける楽器が異なるペアやトリオ‥ってのも楽しい。
 それでも一緒に演奏できて楽しい曲を作ればいいんだから。中高生同士はもちろん、
 熟年同士や、子供連れも
歳の差不問、気兼ねなく誘い合わせてお越しください。

激安競争したいわけではないので、受講者受け入れ可能人数には限度を設けています。お手元に
  ご案内紙がある方はご参照ください(ご案内をご覧になって1週間以内にご予約の方の特典です。
  もし「地元エリアでピアノ教室など営んでいる」という先生方の所へご案内が届いた場合、
 「作曲講座なので開講の種類は異なる/募集キャンペーンは1週間で、先生方のお得意様エリア
  にてずっと募集キャンペーンし続けるわけではない」と寛容にご理解願います)。


渡利辺祥楽舎 0721-28-8000 19〜21時お電話つながりやすいです。
お早めに、お問合せのお電話で行きやすい受講希望会場をお知らせくだされば、
ご都合のいい日程(週・時間)を考慮しやすいです。
(梅田‥RHYで貸室料必要。なんば天王寺‥総合学習センター、堺北野田‥東文化会館/美原文化会館、富田林すばるホール、河内長野ラブリーホール、など。ご希望の会場の音楽室や会議室にて)

小中高生
レッスン
月2回
各45分
6,000円
(+税)
月謝制 
(月3回以上は、1回3,000円で回数追加可)。
音楽キーボードまたはピアノを弾きながら、音楽知識を学びましょう(楽典・鍵盤実技・楽曲形式の総合レッスン)。楽典がわかってきたら、コード進行や曲の形式、モティーフ作曲、伴奏付け、学校の音楽授業のペーパーテスト対策も。 小学生は、高学年なら理解できます。
大人:趣味一般
レッスンゼミ
10代後半以上

保育士/幼稚園/小学校教諭資格取得楽典やコードの筆記試験対策鍵盤実技と伴奏付けを習いたい方もどうぞ。

初級は楽典や7thコード学習レベル、メロディーにコード付け、(DTMを用いる人は、五線譜画面、ピアノロール画面、ボリュームとベロシティ、楽器音色の種類)。
中級は「歌+伴奏」や「メロディー+オブリガート+ベースライン」、ハイテンション和音、(DTMを用いる人は、バンドスコアとドラム譜など)。
上級の内容は
趣味以上』の項をご覧ください。
月2回
各45分
初級:
7,000円
中級:
8,000円
(+税)
月謝制
楽譜の読み書き楽典コード進行や簡単な作編曲のテクニックを学んで、自作オリジナルのウェディングソングやポップス曲を作りましょう。読んでもよくわからなかった楽典の本はご持参ください、すっきりわかります。
音楽好きの仲間で集まったら「友人たちはフルート2人とギターとキーボード」「クラリネットとベースの仲良しコンビでデュオできるかな」‥で、こんな楽器編成の市販バンドスコアはなかなか見つからない、なんて悩みも無用。そういう楽器編成で音域や演奏技量を補い合えるような曲を作ればいいんです。未だ未開拓の楽器編成組合せはいっぱいあります。各人、自分の好きな作風で自分が作れる程度の技量の大好きな曲を作ればいいので、(他人と比較したライバル競争心でなく)
やりがいを頑張りの原動力にしてください。やりがいを少しずつ更新して原動力にするほうが、個性をたいせつにしながら前向きに上達めざして、むやみに競わず力を合わせて頑張れます。「先生に言われたとおりに同じ曲の練習を繰り返す演奏系のレッスンには、イマイチなじめなかった」という人は、「それより作りたい!」という人が集まるクリエイティヴ系の作曲レッスンでは珍しくありませんので、お気兼ねなく意気揚々とお越しください。

上級をめざしたい方、
フュージョンの曲を作りたい方は、転調やハイテンション和音を多様に巧みに使い慣れる必要がありますので、それ相応の年季をかけて学ぼうとお考えください。

とにかく楽典を勉強する必要に迫られている方へは、1ヶ月で「楽典集中速習」のご希望にも応じます。1日数時間程度で3〜7日間、「すでにどの程度楽典の知識があるか/受験対策が必要か」により受講日数をご相談。(曲作りの宿題はありません)。
受講するのがママ/パパで、幼稚園児〜小学校低学年のお子様を同伴したい場合、45分間泣かず騒がずいい子にしていられそうなら、お連れになってかまいません。その場合、受講料は大人1人分でかまいません(子供がぐずってレッスンがままならなくても、所定の受講料はいただきます)。「ママ/パパと一緒に音感トレーニングで、音の高さドレミを当てる」程度のことはやりますが、基本的に受講内容は大人向きです。
大人
[熟年青春]
趣味一般

レッスン
ゼミ
ぼちぼち学んで、曲作りにじっくりと取り組む時間的余裕がある、勉強好きな方。

初級、中級、上級の概要は上記()の項をご覧ください。
月2回
各45分
初級:
7,000円
中級:
8,000円
(+税)
月謝制
「子も社会人になりホッと一息、少しは悠々自適になれた気分、じっくり曲作りできる時間的余裕はある。マイペースで理解できるよう教えてくれたら、曲の続きをぼちぼち作っていけるのは楽しみ」ですよね。
ぼちぼち楽しみに手掛けられる程度の曲作りの宿題があるので、毎日「作りかけの曲の続きをどう作り進めようか」と考えては、楽器を弾いて楽譜を書いたり…で、
日々是好日。定年退職後も家にいてやる気充実、コツコツと作り甲斐ある「親心ソング」「一筆啓上ソング」を仕上げていくのは楽しみです。
音楽学校
進学対策
レッスン
中高生以上
月3回
各45分
12,000円
(+税)
音楽の入試対策が必要な大学・専攻コースへ進学希望の方へは、進学指導いたします。楽典/音楽通論、ソルフェージュ、コード進行、和声、モチーフ作曲、音楽史概論など。副科ピアノの指導も可能。

「作曲する」のと「サウンド制作する」のとはどう違うか?‥の説明は、近年新設がめざましい「楽曲制作コース/作曲サウンド制作コース」類の解説欄に記載。「作曲専攻」ではどのようなカリキュラムで何を学べるか‥も、同欄上に記載あります。
進学希望校の入試要項をご覧になり、「入試科目にあるこの実技は、どういうことから学習を始めればいいか」といったこともご相談ください。
ポップスのピアノ曲が好きな人でも、まずクラシックやバロックの曲を弾ける練習を奨励します。クラシック奏法で弾ける人がポップス曲も弾くのは容易ですが、その逆は容易ではないので、まずクラシック奏法を習うのが得です。
大人:趣味以上
レッスンゼミ
月2回
各60分

12,000円
(+税)

「演奏については長年追求してきたし、今さらレッスンへ行くなら、作曲系を学びに行きたい」とお考えの演奏系出身の先生方、どうぞお越しください。「『けっこう腕達者で心意気のステキな地元のおじさん/おばさんバンド』みたいなキャラバンで感動してもらって、自分の生徒も増やしたい。生徒たちがいい曲作ったら演奏もしてあげたいし、先生の作った曲も生徒の作った曲も共々に、プロダクションへ持ち込んでみたい」というぐらい気ごころのアカヌケした前向きなバイタリティがある先生方、歓迎しています。
楽典の教え方コード進行・副科和声(4級和声程度)をさっとおさらいしてから、歌詞への曲付け・3声の多声部書法・ハイテンション和音・楽曲形式・楽器編成を学び、アンサンブルやバンドの曲を作ってスコア楽譜やパート譜も書けるようになりましょう。

ミュージシャンとしての経験もあるし、音楽講師をしたいけど、学歴で苦労している‥という方は、ヤマハの指導者レベルの5〜3級(受験料1万円前後で相応の級に応じてどなたでも受験可能)を取得するといいです。近年では「ヤマハ5級以上取得」を目的とするコースを置く音大もあるぐらい、客観的評価として定評あるグレードです。
「各項目ごとに月1回2時間ぐらいのペースで学べる機会を設けてほしい」とのご要望にもお応えします。
セミナー/ゼミは、個人レッスンや少人数レッスンでひととおりのことを学んだ後、「各人が作った教材を持ち寄って意見交換会をしよう/著作権について学ぼう/ライブ可能な所へ営業活動に出かけるための企画書を書こう」などの趣旨で行いたい意向です。
入会金ナシ。月下旬から受講開始の場合はその月1回分の受講料でけっこうです。
月謝は、毎月上旬の1回め受講の際にお支払いください。

 お支払いになる受講料のうち、20〜50%は、会場使用料や講師の交通費(または
 駐車場料やガソリン代)の実費に充当されます。会場使用料や(参加費無料ではなく
 「参加費有料」であるゆえの)割増料金‥おおむね5割増の公的文化施設が多い‥
 は、各会場によって異なりますが、上記の料金は会場使用料込みです。(たとえば
 会場使用料が1時間に付き1,000円の場合、5割増なら『会場使用料1,500円+交通
 費』×月2回‥ぐらいの経費はかかることを想定して、その経費を含めた受講料と
 しています。じつはその他にも、教材研究作成、宣伝PRのための経費と労力、
 日程調整と会場予約手続きの労力(とくに稼動率の高い会場は抽選会に行かなくては
 ならない)とかも必要なんです)。妥当な程度の料金だとご理解ください。
 なお、
会場設備のグランドピアノ/アップライトピアノやドラムやアンプなどを
 使いたい場合は、楽器/機材使用料(おおむね1時間あたり300〜500円程度)が
 別途必要な公共施設は多い
です。なお、講師はちっぽけな音楽キーボードを持参
 しますので、楽典やコード進行の説明をするにはその程度のキーボードで
 さしつかえありませんが、「ピアノでレッスンしてほしい/エレキギターを持参
 するのでアンプを借りたい/書いたドラム譜は実際に演奏可能なリズムか、
 ドラムを打ってみたい」といったご希望がある際は、楽器使用料を会場へ別途
 お支払いください。
 梅田のRHYで受講ご希望の場合は別途、楽器使用料を含む貸室料で1,000円前後が
 必要です。
 予約日時にお休みした場合、返金は致しませんが、後日の受講日に補講で長いめに
 レッスン時間を取るなど、可能な配慮は致します。

文化施設には駐車場があります。車イスの方もご利用しやすいです。

手持ちの音楽理論書あればご持参ください。
 中〜上級者へは、和声学の市販教本など推奨します(絶版本でない限り、複写でなく購入のこと)。


楽典のセミナーや作編曲のレッスンでは、演奏レッスンのように発声練習して大きな声で歌唱力
たっぷりに歌ったり、楽器を弾き続けたりするのとは異なり、「
曲作りの方法や音楽理論を解説し、
曲の各パートを少々音出ししては質問したり手直し検討したり、思い付いた曲想のメロディーや
リズムが楽譜に書きづらいならソルフェージュのトレーニングもしたり‥
」というのが通常です。
ホワイトボードや教材プリントで勉強するので、普通の会議室や研修室でおこなう場合も多いです。
(マイク・スピーカーやVTRモニターを使って研修する程度の音量の大きな音さえ使わない場合が
ほとんどなので、防音室ではなくてもレッスン・セミナー可能です)。

楽典と曲作りを学んで、何ができるようになりたいか
…目標めざして頑張りましょう!

「勉強したぞ!作ったぞ!」…目標達成したら、うれしくて励みになります!
小学生
中学生
高校生
 
習いごとするなら音楽!が好き。ピアノなど鍵盤楽器も弾けるようになりたいし、曲作りを学べる音楽レッスンがいい。
音楽系の部活で、スラスラ楽譜を読める程度には、楽典を知りたい。
学校の音楽の授業の、ペーパーテストの成績をアップしたい。
大人一般
(10代後半〜)
ウエディングソング作って結婚披露宴で生演奏したい。
本気の大人の音楽レッスン:ウエディングソング作ろう
「曲を作れるようになってよかった!生演奏してよかった!」と心から思える、人生とっておきの機会です!たいせつに。晴舞台の満足感もいっぱい。
まごころソング作って友達や家族と一緒に楽しみたい。
本気の大人の音楽レッスン:まごころソング作ろう 
「自分にもできそう」な目標、見つけやすいです。楽典からスタート。
熟年も趣味悠々。若い頃からずっと音楽大好き、曲作りを楽しみたい。
本気の大人の音楽レッスン:今の熟年こそ音楽大好き世代
初心者は楽典から。音楽理論や作編曲技法を勉強して曲を作りたい人、歓迎。
「若い頃からバンド活動していた」「ピアノ弾ける」など音楽大好きなご年配の方々が、「通のままでいい。バリバリ勉強してかっこいい曲を作ろう」と元気にマイペースで頑張っていいレッスンです。
芸能プロダクションの予科生/研修生オーディションを受けてみたい。特技をアピールする実技試験で、「ときどき自作の曲を作るんです、聴いていただけますか」なんて歌ったり楽器弾けたら、目立ってかっこいいと思う。
(アイドルグループだって、歌って踊るだけじゃなく、近頃では作詞作曲したり楽器弾いたりしてバンドセッションの腕前披露することが珍しくないですものね。レッスンは、音楽にどの程度比重を置くか‥により「小中高校生一般/大人趣味一般」レベルでも、「音楽学校進学受験対策」レベルでも、ご要望に応じて対応可能。オーディションを受ける際、「本当に自分で作曲したの?他人に作ってもらったんじゃないの?」と疑われたりしないよう、ご希望であれば「楽典や7thコード、バンドスコア楽譜の読み書きについては習得済み/ソルフェージュ訓練済みで音程ぶれ少なく、コードによる伴奏付けは即興で可能」など、「どの程度の音楽理論はすでに学習済みで、この人は本当に曲作りして楽譜に書ける/演奏できる能力がある」と記した推薦状を書いてお渡しします)。
女子力とか男子力とかを超えて、日頃から芸術やデザインのセンスを感じる表現力をあたりまえに磨きたい。エッセイやイラストぐらいなら普段の生活でさらさらっと書きたいし、料理を作ったり写真を撮ったりする腕前もセンスいいとか言われたい。‥で、特別なことでなくちょっと曲作ったんで聴いてね」とかあたりまえにやりたい。他人の作った曲を勝手に使って録音録画することへはキビシイ世の中になってるし、自分で曲作りできるよう学びたい
感性豊かに会話もはずんで、一芸婚活しようかな
(マジな作曲のレッスン・セミナーなので、「録音済みユニットのかけらをコラージュ的にあれこれ貼り付けて、曲らしくまとめれば、楽譜や楽器の知識も練習も勉強もなんにも知らなくても音楽遊びできます」という講座ではありません)。
バンド活動自分が作編曲を担当することが多い。発表の機会に応じて器用にあれこれ曲作りしたい。曲を作って一緒に演奏する仲間を増やしたい
(オリジナル新曲を楽しみにしてもらえて、新鮮みバツグン‥でいきますか)。
保育士幼稚園小学校教諭資格取得をめざしている。楽典やコードの筆記試験対策や、簡単な鍵盤実技と伴奏付けを習いたい。
(曲作りの宿題はありません。「音程や調号やコードや移調って、さっぱりわからなくて苦手」と悩んでいるより、来ればズバリ!わかります。ついでにヤマハ指導グレード5級を取得希望の方は、お申し出ください)。
メディア会社やイベント会社・コンサート制作会社に就職希望。演奏家・ミュージシャンとの打合せで音楽用語まじりの会話を理解できる程度の、仕事に必要な音楽知識は知っておきたい。
(たとえば「○小節めにサックスが c の音を吹くタイミングで、ステージ上手からヴォーカルが登場して、照明がこうなるんだよね」などといった打合せをする際、「全く楽譜が読めません」ではスタッフとして困る場合もありますよね)。
大人趣味以上
(10代後半〜) 
作編曲を学んで、できれば作曲家になりたい。
音大芸大や音楽専門学校の作曲/楽曲制作コースへ進学オススメ
音大芸大の作曲専攻(作曲コース)へ進学すると、「音楽理論(記譜法〜音程音階〜調性理論、民族音楽の旋法)、作編曲技法(旋律学、歌詞へのメロディー付け、伴奏付け≒通奏低音〜鍵盤和声〜20世紀後半以後のジャズコード、対位法≒多声部書法、機能和声、偶成和音を含む和声)、楽曲形式(単純な2部3部形式〜変奏曲形式、複合形式、フーガ形式、ソナタ形式、古典舞曲〜ロマン派舞曲〜20世紀ラテン舞曲やポップスの様式とリズムなど)、楽器編成(各楽器の特性と音域、ピアノ伴奏付き2重奏、3〜5重奏程度のバンド編成、ピアノトリオ〜弦楽4重奏〜木管5重奏〜吹奏楽・オーケストラ、ジャズを選択の場合はビッグバンド編成も)、DTMによる楽曲習作実習」といった専門的な学問を学んで、楽曲を習作しレッスンを受けられます。(モーツァルトやショパンも「メロディーだけ作って編曲家がアレンジして楽曲を仕上げた」わけではなく、作曲家は編曲もできて当然、「編曲できないがメロディーだけ作れる」などといった人材が育成されているわけではありません)。
音楽専門学校や短大の作曲コースでは、「音楽理論(楽典)、作編曲技法(歌詞へのメロディー付け、コードによる伴奏付け、ジャズコード)、楽曲形式(単純な2部3部形式、ロックやポップスのAメロ〜Bメロ〜サビとイントロ付け、ダンスミュージックのリズムパターン)、楽器編成(ピアノまたはギター伴奏付き2重奏、3〜5重奏程度のバンド編成)、DTMによる楽曲習作実習」といった内容を指導できる先生たちがいますが、入試に音楽実技がない専門学校では、各学生の音楽的基礎能力によりどこまで習得できるかはさまざまです。専門学校でロックやポップスを専攻した後、音大芸大の3年生へに編入する学生もいます。(米国のジャズスクールでは作曲科とは別に編曲科を置く学校もありますが、日本国内の学校では独立した編曲科を置く学校はほとんどありません)。
また近年、専門学校だけでなく私学の音大芸大でも新設されているのが「楽曲制作コース/作曲サウンド制作コースなどと称するコースです。「DTM や PA 音響機器の取り扱いも学べて、DTM で作編曲する」ことをめざすコースとして人気があり、作曲技法の学習は(クラシック系の和声や対位法よりも)コード進行やバンドアレンジを学ぶカリキュラムに主軸が置かれている場合が多いです。フィーリングのセンスやクリエイティヴな意欲だけでなく、音楽理論も作曲技法も、アプリや機材の取扱説明書も理解できる能力は必要なので、勉強は得意なほうがいいです。卒業後のおもな進路として想定されているのは、「クライアント(発注者≒音楽出版社・レコード会社・映画や番組の制作会社や CMスポンサー企業およびその広告代理店やCM制作会社など)からの受注制作により、作曲/編曲/サウンド制作するクリエイター」などです。(理工系の音響工学やPA・ミキシング・レコーディングなど音響機材の取り扱いを専門的に学び、先々はレコーディングエンジニアや音響スタッフをめざす専攻・コースとは、履修科目がそれ相応に異なります)。
ちなみに、
「作曲する」のと「サウンド制作する」のとはどう違うのか?‥をおおまかに説明すると、一般的に「音響機器などで収録済みの音やシンセサイザー音を編集して仕上げたり、コンサート会場やスタジオなどでPA機材を用いてミキシングやリミックスする」ような場合には「サウンド制作する」と言います。「曲を作って五線譜に音符を書いて、演奏者がその楽譜を見て生演奏する」ような曲の作り方は、従来から「作曲する」と言います。が、「シンセサイザーで電子音を用いて曲を作曲する」というような場合は「サウンド制作」の要素も含まれ、「『作曲する』と言うよりは、『楽曲制作する』とでも言っておこうかな」的なニュアンスで「楽曲制作」と言うのも珍しくありません。わかりやすく言えば、五線譜には書けないような音の響き具合をいじって仕上げるのがサウンド制作。「いいだねー!この冒頭のゆったりと上っていくモティーフのメロディーに、この 7th と 6th の和音が速いリズムで交互に添いながらドミナントが盛り上がる、ステキな曲だね!」「いいサウンドだねー!この冒頭のギター音の張りがある響きと、軽やかなピアノの響きのバランスが、なんとも爽やかで気持ちいい、ステキなサウンドだね!」と、わざわざ『曲』と『サウンド』を言い分けてみればわかりやすいかしら。たとえば、演奏者が生演奏してコンサート制作やレコード制作する場合、「曲を作曲した(五線譜に書けて演奏者が譜読みできる曲)→演奏者が譜読みして演奏した(演奏者がヤル気!というのはとてもたいせつで、快いフィーリング豊かな表現力で演奏すると周囲も素晴らしい出来の仕事にしようとの気持ちが盛り上がる)→PAディレクターがコンサートのサウンド編集制作(五線譜には書けないレベルで音いじり)して会場での音の響きもいい感じ(来場客も感動した)→レコーディングエンジニア/ディレクターが収録音をサウンド編集制作してレコードもいい感じの響きに仕上がった(レコードを聴いたリスナーも感動した)」みたいな順でざっくり理解すれば、違いがわかりやすいかもしれません。
なお、レコーディングエンジニアは「音響機器/音響機材を技術的にこうすれば、ステキなサウンドに仕上がる」といった技術的な仕事を担当し、レコーディングディレクターは「こんな感じの曲目をそろえて、こんな演奏者が演奏して、こういうタイトルでアピール力あるレコードを制作し発売すれば、こんなリスナーの人々がきっと共感してくれる」といった企画制作の仕事を担当し、プロデューサーは「そのレコード企画制作〜販売価格設定〜営業〜販路拡大・宣伝PR・集客動員などマーケティング企画及びプロモーションも含めて、そのプロジェクトの経営者的立場」というのが、およその担当仕事です(会社によって、エンジニアがディレクターと称していたり、ディレクターがプランナー/プロデューサーと称していたり、プロデューサーがチーフマネジャーと称していたり‥などというのはあります)。「ディレクター」といえばすべて「レコーディングディレクター」というわけではなくて、「コンサート制作会社には、コンサートのステージ演出や集客と会場運営を担当するディレクター」「ステージのデザイン設計施工・美術装飾を担当するアートディレクター」「プロモーター(ツアー公演などのエリア展開でプロモーションに強みを持つ企画運営会社)にはブッキングの得意なディレクター」がいる、といった具合です。

上記のように、作曲編曲の仕事に求められる基礎的な専門知識や技能と楽曲習作実習は、専門学校/短大2年間〜大学4年間〜大学院で学ぶに充分な量があり、作曲の仕事はそれらの知識や技能を習得したうえ、総括的な理解力で創造的に楽曲を仕上げる仕事です。
それほどまでに専門的かつ総合的な学術学問を持っているにもかかわらず、門戸はすそ野へ広く開かれている‥のは音楽文化の特徴で、巷では気軽な趣味のお稽古ごとのレベルからでもステップアップしていける親しみやすさがあります。(ギター1本で弾き語りが流行った1960年代の頃とは違って、「ちょっと楽典とコードを勉強してメロディー作ったら、もう一人前の作曲家気取り」では、びっくりして笑う作曲家や編曲家や演奏家やディレクターの人たちは大勢いる‥ということも心得ましょう。昭和時代から学歴不問で現場のたたき上げで作曲家になった人たちは、とんでもないほど人一倍苦労していたりしますので、できれば音楽学校へ進学して作曲の専門科目を習得してめざすほうが、順当に進路を考えやすいでしょう)。作曲家をめざすなら、しっかり勉強しましょう。
作編曲を学んで、できれば編曲家になりたい。
作曲家と編曲家の仕事の違いについて、一応読んで知っておこう
楽曲作りにおいて、創造的な姿勢で臨むのは作曲家であり、「作曲家は作曲も編曲もできてあたりまえ」というのがまともな考え方です。編曲家は「自分はこう曲を作って仕上げたい」という自分の意向は二の次にして編曲に取り組むことが多い仕事なので、「できれば編曲よりも作曲の仕事ができるようになりたい」のは当然とは言えます。
とはいえ、「作曲家になるまでの修業段階として編曲の仕事もする」「作曲と編曲の仕事をかけ持ちする」のはよくあることで、いわば「クリエイティヴな志向を掲げて導く上司(作曲家やプロデューサーやチーフディレクター)の部下として、腕利き職人気質の楽曲制作スタッフ」あるいは下請け業者的な立場になるのが、編曲家=アレンジャーです。編曲家の経験談には悲哀と屈辱の話(たとえば「楽譜もろくに書けない人が、メロディーだけ作って作曲家を名乗り著作権にガツガツするのにはあきれた」とか、「どんな伴奏が適しているか理解できない人が作曲家気取りで『このメロディーは変えられない』と意地を張ったのに対し、メロディーの再検討の必要性を説明しても調もコードも知らないのでは理解できず問題外」とか、悲哀と屈辱をこらえて『仕事ですから』と言えれば編曲ギャラは入ってくる‥みたいな、まるで20世紀後半の歌謡界のような話)が少なくないです。というのも、「作った楽曲の著作権は、作曲者と作詞者が持つ」のは国の法律で定められているのに対し、「編曲する必要がある場合の著作隣接権」というのはあいまいで、作曲者や作詞者のようにスッキリとした仕事の手がけ方ができにくいゆえかもしれません。尊敬し信頼できる上司とチームワークを組んで編曲担当するのでなければ、やりがいどころか腹立たしい仕事が多そう‥というのが、編曲家の立場だといわれています。
作編曲が得意でクリエイティヴに音楽指導できる、音楽講師になりたい。
演奏系のレッスンと作曲系のレッスンの相違を理解しよう
作曲のレッスンでは、初級〜中級は、音楽理論や作編曲技法と音楽形式の時代様式や楽器編成を「基礎的に知っておきたい共通事項の知識」として学びますが、曲作りにおいては「マネではない、そっくりな曲があるとは言われたくない」と心がけて習作します。初心者の時期には「大好きなあの曲のような曲を、自分も作れるようになりたい。でも、そういうふうに作れる技量力量が、ちっとも伴わない」と憧れいっぱいであっても、技量が伴ってくる中習段階になれば「大好きなあの曲をマネしただけ‥なんて言われないように曲を作りたい」との姿勢になり、さらに「自分なりの創意で作風を確立しよう」との自覚を持ったクリエイティヴワークになります。(とはいえ10〜20代ではまだ「他人の作風に憧れて見習って、受け売りでも追っかけしながらでも作ってみたい」との欲求が根強かったりするので、作曲に本格的に取り組む年齢は高めになります)。演奏系のレッスンとは違って、作曲系のレッスンではどのような内容で進められるのが普通か‥は、下の項目に例の詳述がありますので参照してください。
音楽学校
進学希望者
音大・芸大・音楽専門学校へ進学希望
 音大芸大では入試の段階で、「声楽/ヴォーカル、ピアノ、管弦打、作曲、ジャズ、ポップス、ミュージカル、DTM系の楽曲制作/音響サウンド制作/レコーディング技術、音楽ビジネス/マネジメント」など専攻別に課される実技試験や論文筆記など課題は異なりますので、まず入試要項を取り寄せて「入試の前からレッスンの積み重ねが必要な科目はあるか」を確かめましょう。ピアノ専攻志願の人は毎週ピアノのレッスンへ通いますし、作曲専攻志願の人は作曲のレッスンで個人指導を受けて勉強するのが普通です。
作曲系の専攻コースがある京阪神の大学京都市立芸大大阪教育大(教育協働学科音楽表現コース)大阪音大大阪芸大相愛大神戸女学院大。この6校総計で「入試科目に和声がある作曲コース類の募集人数は15〜20名程度/和声がない楽曲制作コース類は30名程度で、他の専攻との兼ね合いや競争率により変動あり」と推定されます。とくに京都芸大の作曲専攻は、クラシックのオーケストラ曲の作曲を学びたい人に満足度の高いカリキュラムを持つ伝統があります。入試の専門実技試験は「非和声音を含む和声」や「華麗対位法」も学習したレベル(≒入学後は弦楽四重奏曲やピアノ三重奏の習作にすぐ着手できる程度の習得レベル)」、「器楽曲のモティーフ作曲」は形式の指定はありませんが(鍵盤の試し弾きなしで)ソナタ形式の曲が書ければいいでしょう。大阪教育大の教育協働学科の音楽表現コースは、以前の"特音"相当に実技力と専門性の高い「作曲/ピアノ/声楽/管弦打」の各専攻カリキュラムがあり、実技の配点は多いめで、作曲専攻の入試実技には「和声(バス課題・ソプラノ課題)/モティーフ作曲」があります。以前の"特音=特設音楽科"は「高校音楽教員の育成」が強みで音大芸大と並んで音楽家を多く輩出してきた伝統があり、現在では「教員免許取得は卒業必須要件ではない/高校音楽教員はもちろん、文化芸術団体や市民の音楽文化活動などで教育的スキルを持って活躍する人材を幅広く育成」しています。

 (作曲よりは)
音楽教育について学んだり音楽教員免許を取得するのがおもな目的であれば、教育大学・教育学部で小中高音楽教員養成課程のある大学を選ぶ選択肢もあります。入試実技は「ピアノか管弦打の課題曲/イタリア歌曲か日本歌曲の声楽課題曲/楽典/単旋律聴音/音楽教養的な小論文」ぐらいを総合的に準備すればいいでしょう。音楽実技以外の教科の配点はかなり重視されます。実技対策、ご相談ください。
教育を主軸とする学部に音楽教育の専攻がある国立大学
神戸大学(国際人間科学部発達コミュニティ学科音楽)/大阪教育大(学校教育教員養成課程音楽)/京都教育大兵庫教育大奈良教育大滋賀大和歌山大。大学数は多いですが、募集定員はそう多くはありません。
ピアノや声楽の専攻があり音楽教員免許を取得できる京阪神の私立大学(作曲系の専攻はない):同志社女子大京都女子大武庫川女子大

 従来、音大芸大・教育大音楽教員コース・音楽コースのある短大・音楽専門学校はたいてい演奏系の学生募集人数が8〜9割がたというほど多く、「作曲学科/楽曲制作コース」や「音楽ビジネス/音楽プロデュース/音楽マネジメントコース」や「PA・レコーディング技術/音響サウンド制作コース」の募集人数は少ない状態でした。近年、専門学校だけでなく私学の音大芸大でも新設されているのが、「クライアントからの受注制作で作曲/編曲/サウンド制作することが想定されたクリエイターの養成コース」で、受注制作であるからには、レコード会社やプロダクションから受注が取れるアプローチは奨励されます(「オーディションにチャレンジする積極的姿勢/デモ盤を試聴してもらって仲間を増やす/プロダクションやレコード会社など業界各社にOB先輩がザクザクいる学校を選ぶ(プロデューサーやディレクターをしている先輩は、各専門のクリエイターや出演者を常々探し求めている)/『メディアに公表してランキング上位で大活躍しよう』というならば、くじけず不屈で勝ち続ける競争心、あるいはたいして競争心など持たなくても上位に突出してしまうほどの抜群に素晴らしい出来栄えのセンスと技と博愛が必要で、豊かで寛大な博愛精神を発揮できる環境も必要」といったことも考えるとよさそう)。世の中、テレビもラジオも音楽無しの番組はほとんどなく、昨今ではネットコンテンツも音楽を次々に必要としていて、旧作だけでなく新作のニーズが多いことはあきらかなのですが、全国的には音楽制作会社/芸能プロダクション/レコード会社など音楽産業関連会社の9割は首都圏にあります。(ちなみに昭和音大は、今どきのセンスに鋭い受験生も行きたい専攻コースがきっと見つかる豊富な学科コース『
作曲・音楽デザイン/ピアノミュージッククリエイター/サウンドプロデュース/アートマネジメント/舞台スタッフ』などがあります。特待生だけでも募集50人(出願&選考11月)、関西から行くなら遠隔地出身学生支援奨学金の給付も用意されています)。

 国公立の芸大は全国に4校‥と数が少なく(国立は東京芸大1校、公立は愛知/京都/沖縄の3校)、大阪から通学可能なのは京都芸大です(JR京都線桂川駅・阪急京都線桂駅からバス15分、2023年にJR京都駅すぐ近くへ移転計画あり)。京都芸大進学希望者には、東京芸大への進学も考える人は多めで、関西圏の大学へと考える人には大阪教育大教育協働学科音楽表現コース(柏原校舎:近鉄大阪線大阪教育大前駅)を希望校に含めて検討する人も多いです。私学の音大芸大の学費は、おおむね国公立大の3〜4倍程度です。(1980年代前半は私学の音大でも学費年額40〜60万円程度でしたが、1990年代以後は学生アルバイトではまかなえないほどの高額になって、卒業生たちも驚いたほどでした。2017年現在、当時よりは学費は多少安くなっています。バブルの頃と違って、"セレブの道楽"みたいな世間的印象で思われるのは「仕事がしにくい/安易な陳腐化で退屈しないように意を決して音楽修業に励んでいるのに余計なやっかみはイヤだ/奨学金返済やアルバイトで苦労していてセレブどころではない」などで好まない学生・卒業OB・関係者も少なくないはずです)。現在、関西の私学では「推薦入試なら実技(難易はさまざま)と面接でOK」の専攻も多いですが、「少ない入試科目と面接だけでギリギリでも入学できれば‥」というレベルに目標を置かないようにしましょう(‥だってね、ギリギリで入学して結局「趣味でいい」ってことになるなら、街の音楽教室で月謝1万円前後で楽しく趣味で音楽学べるんだもの)。作曲系専攻(楽曲制作コース類など含む)の入試実技は、おおまかに言って「和声(ソプラノ課題・バス課題。非和声音を含む課題のほうが難度高い)/モティーフ作曲/モティーフ即興演奏/自作オリジナル曲の楽譜かオーディオデータの提出/コード進行伴奏付け/複旋律か4声和声の聴音/楽典(≒音楽通論ともいう)/小論文/面接(≒口頭試問の場合は、将来の音楽活動への意向だけでなく、自作の提出曲・演奏曲やモティーフ作曲で提出した曲について様式形式や特徴を説明・プレゼンする)」のどれか3課題前後の組合せです。「副科ピアノは、ソナタアルバムの曲ぐらいはきちんと弾ける。(推薦入試で副科ピアノを課さない音大芸大もありますが、学校側は『鍵盤楽器をほとんど弾けなくてもいい』と思っているわけではなく、むしろ『推薦なんだから、試験するまでもなく鍵盤は弾けてあたりまえ』で来てほしいのが本望です)」「ソルフェージュは、コールユーブンゲン1冊ひととおり歌って初見唱も練習したし、聴音は16分音符シンコペーション含みの単旋律課題や2声課題、4声和声聴音も練習した。和音を聴いてコードを言い当てたり、楽譜のメロディーに付記されたコードの和音を簡単な伴奏形で弾くぐらいは訓練済み(‥『日頃から音楽はよく聴くし、楽器演奏や歌を3年以上習ったことがある』という人は、『聴けば歌える/楽譜を見れば弾ける』ぐらいの音感やリズム感はすでに身に付いています。ソルフェージュはその音感やリズム感を、きちんと意識して正確に使えるように整えるトレーニングです)」「楽典は、(音楽教養の一般常識程度にざっとひと通りというよりは)出題傾向に適した本1冊を精読してきちんと課題を解いた(作曲系専攻で入試科目に楽典がない場合、『楽典は当然学習済みで試験するまでもない』との想定です)」「専攻コースの専門実技は、(背伸びして一発勝負というよりは)いつもの手慣れたことに余裕で取り組める」というように進学準備しましょう。「厳しいレッスンでしごかれたって、くよくよせず苦手や弱点は上手に克服して(あるいは克服しなくたって自分はこれが得意で上手‥という選択肢を器用につかんで)、平気で前向きに意気揚々」になれる精神力の強さも、才能のうちです。趣味一般の中高生や大人でも音楽をやってきた経験も豊富でDTMも扱ったことがある人たちは多いですし、芸能スクールでは英才教育も健在ですから、伸びる音大芸大はレベルアップ志向で学生が猛特訓してほしいとせがめば歓迎姿勢のはず。ここに記した学校やトレーニングの仕方だけがすべてではありませんので、憧れだけでなく、どのような仕事に就きたいか自分の意思と思考力でしっかり考えてから、進路をご相談ください。「それならこういう進路選択もある」などとアドバイスできる場合もあります。

 専門学校は学費も比較的手頃で実践的なことを学べますが、入試に音楽実技がない学校も多く「学生たちの音楽習熟度にかなりのばらつきがある」というのが先生たちの悩みだったりします。「入学して初めて楽器の弾き方を習って、楽譜の読み方から勉強を始めた」という状態でも才能と素質があれば活躍できるのは、歌手、あるいはスタッフになりたいなら可能性あります(ちなみに
東放学園音響専門学校(東京)ならびに東放学園専門学校グループ各校は、放送業界・マスコミ業界・広告業界・レコード業界・芸能界へ本当に多くの仕事人を送り出しています。機材の扱いやセッティング、プロダクションのディレクターをめざすための企画制作の知識や、プロモーターの催事企画運営とブッキングはどんな仕事か‥など、仕事の仕方の基礎知識を学ぶだけでなく、在学中から自分の天職だと思える職種をつかむため、実際にあれこれ制作現場でアルバイトしてチャレンジしていくクリエイター気質のガッツある学生たちが多いです)。楽器奏者ミュージシャンや作編曲家をめざすなら、超初心者状態で入学して卒業後に「あれもこれも在学中に習っておけばよかった」と思いながら苦労するよりも、入学前から実技の実力をつけて「期待の新人と思ってもらいながら学生生活を送り、在学中にチャンスをつかもう」ぐらいの気構えで進学するといいです。専門学校/ミュージカル歌劇団の養成所/プロダクション付属の芸能スクールには、"業界に強み"を特長としている学校があり、「オーディションに強くなりたい/マジで仕事をつかみたい」などで音大芸大を卒業してから入学する人たちもいます。

 学費の高さが音楽学校への進学を阻む大きな要因になっている人は、「文科省では、2020年頃(以降)に施行する想定で、大学・専門学校の学生の学費負担を軽減する対策(給付型奨学金をもらえる層を広く厚くする/貸与型奨学金は相応の年収が得られるようになってから返済すればいい制度にするなど)が練られている」ことや「作曲するなら必ずしも『若さでアピール』との考えにはこだわらなくていい。本格的に作曲に着手するのは30代以上になってから‥と考えるなら、社会人入学でも遅くない(むしろ、社会経験の少ない20歳前後の年齢で『著作権を持つ側に立っての知識と考え方を学ぶ』のは時期尚早でしょうから、社会人入学のほうが学びの適齢かもしれない)」といったことへも無関心でなく、学費面で無理しすぎないような進学予定を立てることでしょう。進学するなら「活躍させるために人を育てる」との方針がはっきりしていて、「進学希望者は大勢集まって来てほしいし、卒業生は望めば(ひと握りといわず)みな音楽で仕事できるのが理想的だから、世間に音楽の仕事は幅広く層厚くいっぱいあるのがいいのは当然。新たな仕事を創出しよう!将来性があって成長が期待できるニーズを鋭敏なセンスで捉えて、仕事を開拓していこう!」と本気で前向きな人たちが教員にも学生にも卒業OBにもいっぱいいて、勢いがある学校を選ぶといいです。
 たぶん、作曲/楽曲制作系の専攻コースでは、将来的には「入試会場にパソコンDTMがあって、指定されたDTMアプリを用いて数時間の試験時間内にモティーフ作曲や出題メロディーへの伴奏付けアレンジをおこなう」といった実技試験もあり得ると予想されます(2017年現在、そうした実技課題を課す大学は、関西にはまだありません。が、もしそうなれば、入試課題は従来になかったスキルを加えてハイレベルになるでしょう。なお現状では「受験生本人が試験会場へ行って、一定の試験時間内に『和声』や『モティーフ作曲』や『コード進行伴奏付け』などの試験課題に対し、書き上げて提出する』という大学入試の実技試験やヤマハ5〜3級指導グレード筆記試験が、『本人が作曲技法の基礎能力を習得済みである』とあきらかに認めてもらえる確実な手段」となっています)。今できることはまず、自分が進学希望の学科・専攻をはっきりさせ、そうした類の学科・専攻がある学校の学校案内と学生募集要項を取り寄せて「入試科目や実技試験・過去問」を確認し、作曲/楽曲制作のクリエイティヴ系へ進学するなら「DTMアプリを扱えるのはいいが、奇妙なハマり方をしない程度に」と心がけるとともに「楽典/コード進行/伴奏付け/和声など理論系の基礎科目は得意だ」と思えるように勉強して、その勉強の積み重ねから沸々と創意や曲想がわきだしてくるように実力を磨いていくことです。
演奏系講師から
作曲系講師への
転向志願者


(「作曲を学びたいのは、持ち曲を作ってプロ演奏家をめざすため。主軸は演奏家としての活動であって、作編曲を主軸に転向しようと思うわけではない」との志向の先生方は、詳細説明を記載したページの右欄下のコラムをお読みになれば参考になります)。
音楽で仕事をしてきたキャリアを活かして、音楽指導力をスキルアップしたい。知的関心と作る意欲に応えられるようカリキュラムを工夫して教えたい。
作編曲を学びたい人たちは年齢層が高い
ので、「とにかく弾いて歌って音楽になじみましょう」と小学生に教えるのとは違った、大人の知的愉しみに応える趣向もたいせつです。「できれば自分も作編曲指導を手がけたい」と望むなら、作編曲系新米講師の第一歩は「楽典をきちんと教えることができるようになる、次に「和声やコード進行は模範解答的な例示もでき、単旋律や2声のソルフェージュ課題ぐらいは(和声的/コード進行的におかしい出来でなく)作って、弾けて、解説できる」程度の段階からステップアップをめざせばいいです。模範解答的‥というのは、「(○世紀の○ジャンルの様式では)伝統的に練り上げられ洗練されたこのような決定版や特徴と形式があり、それに準拠すると、優れた仕上げはこうだ」というようなことで、それがちゃんと理解できると「のちにこのような様式や応用的発展も現れた」ということも教えやすくなります。答合せして「正解、よくできました」で済ませるのではなく、「では、作ってみようか」といった方向へ指導を進める必要はあるので、「なるほど!それなら、自分はこういう工夫をして作ってみよう」とクリエイティヴな意欲を喚起するには、説明や理解がたいせつです。(たとえばピアノのレッスンなら「モーツァルトのソナタを練習して弾きましょう」→弾けたら「はい、よろしい」で済みます。が、「モーツァルトはこのように音のモティーフを活かして、このような主題の和音進行およびソナタ形式の転調の手法をこう用いて、このソナタを作りました。それで、アナタはいったいどのような曲を作りたいかな?」と問いかけて、さらに次回に受講生が持参してきた作りかけの曲へ対し手直しの指摘をするのが、作曲のレッスンです。しかも、モーツァルトの曲ならとくに問題はないですが、「昨年ヒットしたあの曲は、どういうコード進行でどういうベースとキーボードが巧みで‥」などと解説するのは、他の作編曲家のたいせつにしているノウハウへ勝手な解釈で口出しすることになりかねないので、同業者同士配慮し合ってあたりまえ‥ということになります。すると、一般論として語ってさしつかえない音楽理論や作編曲技法のほうを主軸に解説して、「どんな曲例があるかアナタたち受講生も考えてみてごらん。その技法を活かして、どんな曲が作れそうかな」と問いかけるなら問題がないだろう‥といった(独学独習では慮れないような)説明の進め方の手順についての配慮もたいせつだったりします)。
作編曲を教える講師というのは、自分もそのようにして教えてもらってきた経験を持っているので、こうした指導の仕方をするのをたいして難しいこととは思っていないものです。が、
正直、スキルアップにはそれなりの年季もかかります。(趣味一般で曲作りを学びたい人たちは「ちょっとした楽しみで曲をつくれたらいいなあ」との気持ちでいいですが、それを指導する側は「好きなように作れば、それでかまわないんじゃないの」なんて言っていてはレッスンになりません。「オーケストラ編成の曲作り指導は難しそうでも、生徒がピアノ伴奏付きデュオ/トリオやバンド編成で作ってきたまごころソングやウェディングソングに対して、曲作り指導をする程度のことならそんなに難しくはなく、自分も研修を受ければできそうだ」と思う先生方は歓迎です。が、「『曲作りなんて、テキトーに作ってそれでかまわないんじゃないの』みたいな対応をする教室が世間に増えて、ちゃんとしたことをちゃんと学んで作るという姿勢がなおざりにされ音楽業界の将来が低迷するような事態になるのは、避けなければならない」と思われます。※2の項に、生徒がメロディーだけ作って「伴奏付けや編曲は頼みたい」と希望するような場合にはどのように説明するか‥の詳述を太字で掲載しましたので、参考にご一読ください。字は小さいです)。
生徒は中級にもなると各人それぞれに異なる作風の曲を習作してきますので、紋切り型の対応で指導するのは難しくなります。それに柔軟に対応して「このメロディーには、7thまでの和音でクラシックの和声的に仕上げるなら模範解答はこう。素朴なポップスの伴奏付けならこんなコード進行が模範解答だろうけど、リハーモナイズでこんな伴奏付けするのもアリ。ジャズなら、クラシックではあまり使わないこんな経過和音を経て転調するのもアリ。ボサノヴァなら、この音をテンションとみなして、こんな意外な和音で伴奏付けするのもアリ。ピアノで弾くなら、けっこう達者に弾ける人でないと、メロディーを小指と人差し指で浮き立たせながらこのテンションの和音を弾くのは難しい。もしベースパートが加われば、鍵盤は低音を弾かなくてもベースが弾いてくれるから、そんなにピアノを弾くのが達者でない人でもこのテンションの和音は充分弾ける。ギターで弾くなら、弦6本のフレットに左手指が届く省略形の和音で、開放弦を含む和音以外は低音と高音のピッチ幅が"2オクターブと3度"以内で収まる和音でないと、この和音は弾けない。副旋律を、クラリネットで吹くなら記譜音は長2度上、フルートで吹くなら実音で記せばいいけど、フルートはまんなかのドより低い音域は吹けないので副旋律の音域を上げようか。歌のサビの、盛り上がって大きな声で歌い上げたいこの音に、歌詞の母音が口を大きく開けられない発声の言葉をあてがうと、歌う人は困るので、こっちの言葉を盛り上がりに持って来るようにメロディーを練り直す必要はある。次のレッスンまでに検討して練り上げてきてね」というようなことを指導できる講師は、世の中にはまだまだ少ないです。受講者個々人に対してそうした指導をしようとすれば、多人数のセミナーでは各人へ指導が行き届かないので、レッスンや少人数ゼミのカタチが好ましいです(芸術・芸ごとですから、門下制によって個々人へ伝承されていくのにふさわしい程度の規模で開講するのがちょうどよく、「いっぺんに集団セミナー100人へ画一的なことを講義して、講師は受講者各人の顔も名前もよく知らず、どんな曲を作れるようになったのかへも関心を持ちきれない」というような規模には向いていません。個人レッスンなら受講者の理解の進み具合に対応しやすく内容充実、「他の先生の指導の仕方がこうだったから、同じような指導の仕方をするのだろう」との思い込みは成り立たず、同じ講師でも受講者の関心や得意なことに応じて各人へ異なる課題を提示したりするのも、マンツーマンならではです。ペアレッスンや少人数ゼミなら、或る受講者が指導を受けている事柄を他の受講者も一緒に勉強できるので、得意な楽器や作りたい曲のジャンルが異なる者同士でも励みになります)。

初級段階ではまず『楽典』『和音の表記方法とコード進行』および楽譜を書き慣れるトレーニングも含めて『ソルフェージュ』。楽器演奏や歌唱でどの程度ソルフェージュができるかは、受講生各人の音楽習熟経験によるでしょう。受講生が全くのDTM 初心者でも、楽譜スコア画面やピアノロール画面を見て「(なんだかさっぱりわからない‥ではなく)思いついたメロディーを入力するなら、音符のピッチや長さはこう、小節のこの拍でこの和音」などを理解できるよう、前準備をするのが望ましいです。
初級からステップアップして『和声』を学びたい場合は、(DTM なら扱い慣れた受講生でも)両手で鍵盤楽器を弾けることを奨励します。(ギターで弾くのも可能ですが、ギターでコードや和声を学び始めた人たちはたいてい「やはり鍵盤で弾くほうが和音の構造がわかりやすいですね」と言います。なお、「これまでピアノやギターのレッスンにかよった経験はないけれど、DTM で曲作りを学びたい」と希望の受講生が、メロディーや伴奏を作れるようになるにつれて「どういう奏法で弾くのか見当もつかないよりは楽器を弾いてみたいし、演奏したくなる気持ちがわいてくる曲を作るには、楽器も習いに行きたい」「ヴォーカルレッスンにも行きたい」と望んで、曲作り系と演奏系のレッスンを掛け持ちするのは珍しくないことです)。
和声というのは「楽曲を作りやすくなるための音楽理論と作曲技法」ですので、曲を作りやすい程度に信じて学ぶといいでしょう。(「規則の集積だと思って過剰に信じ込んで、曲が作りにくくなるために学ぶわけではない」‥のはご存じのとおりですが、中習段階では教条主義的な傾向になる人もいるので、解きほぐすようにして教えることもたいせつです。たとえば「エッセイや物語など書こうとする人にとって、一応は文法や構文や慣用句を学習し、それに適合するような作文の練習もして習作しながら腕磨きするほうがいいのはあたりまえだけど、『その文法や構文どおりでないと、エッセイや物語の文章は間違いだらけ。スピーチやトークは、文法や構文に適合するように書かれた文章原稿を、正確に忠実に読み上げるべきだ』と教条的に掲げては、現状に合わないことは多いのではありませんか」と言えば、柔軟性が必要だとわかってもらいやすいかもしれません。DTMに和声課題は入力しません。和声というのは「連続5度を機械的に検知して修正すれば、はい正解、できました」なんてことで学べるものではないのですが、そうすると「そのような対処方法でないなら、システム上、和声のファイルというのはいったいどのディレクトリに配置してどのように処理すればいいのか‥」とパソコンのシステムエンジニアの方々が困惑してしまうかもしれませんので。なお、初めて和声課題を見て「実施せよ‥って何すればいいんですか?」という方へひとこと。和声の教本では、和声課題は「次の課題を実施せよ」と出題されるのが一般的で、その場合の"実施"とは「頭で思い浮かべて楽譜に書くだけでなく、実際に楽器で弾いて/混声4部合唱で歌って、和音の響きや旋律線のスムーズな抑揚を確かめてごらん」という意味ですが、合唱するのは大がかりなので普段の練習やレッスンでは楽器で弾きます。だから、鍵盤楽器を弾けるほうがいいです。なお、試験に和声課題が出題される場合、歌ったり弾いたりすることまでは求められず「書き上げる」までを求められていても、慣習的に「実施せよ」と記載されることはあります)。
「『他人が自分より上手かろうが下手であろうが、自分はやりながら腕前を上げる!』と思えば、自分なりのヤル気は持続可能」「やってみて、たとえば『自分が自信を持ってきちっと指導できるのは、歌唱とボイトレと楽典・コード伴奏付け』『自分はギターと楽典・コード進行とバンドアレンジ』『自分はピアノと楽典・4級和声と3重奏ぐらいまでのクラシカルポップス』などと得意な指導域が持てて、それで、まずはまごころソング作りが指導できればいい。得意域外のことは、それを得意域とするほかの先生へ任せればいい」、「とくに『クラシック出身の人はツンと気取ってる』と思われがちな世間的イメージは、払拭するほうが幅広く仕事がしやすい。"気さくで心意気がカッコイイおじさん/おばさんバンド"ぐらいのほうが大阪では共感されやすいかも」‥で、気分もアカヌケ!

ピアノ教室やヴォーカルスクールに比べれば、かなり稀少な作曲レッスン大人の音楽レッスン/大人の音楽教室』では、教える側も教わる側も、何をやりがいとして励むべきだろうか‥ということへしばしば関心が向くものですが、やりがいについては『本気の大人の音楽レッスン』のページをお読みください。『音楽教室/音楽セミナー・レッスンの、21世紀ならではの進化形』の手頃で望ましいカタチをつくづく熟考してみて、「こういう趣向ならヤル気になるよね!‥そう思った人は来ませんか」という話です。「それぞれの個性を活かしながら、好きな作風でクリエイティヴに曲を作って、各人楽しく音楽的才能を伸ばせる」ことをより優先し、大人の知的愉しみに"長年にわたり熟達していく芸術的追求心"を添えられる、‥そういう音楽レッスンしませんか。同じようなことをやってヤル気を抑え合うような人間関係よりは、得意な担当も作風も同じではないからむやみに競い合う必要もなく、協力し合えば新たな刺激を感じることも多くてヤル気を高め合うような人間関係でありたい。曲を作って演奏活動して、「先生みたいに曲を作れるようになりたいなあ!」と思ってくれる受講生がいっぱい集まって来てくれたらうれしい‥ですよね。

受講の際の持ちもの
五線紙筆記用具、これまでに勉強した音楽理論書や習作の曲の楽譜もあればご持参ください。
ピアノやガットギターは、教室の備品を使用できる場合もあります。
DTM/MIDIで作りたい人は、(「機械が機械的に作り出す音楽に対し、人間は消費者でいればいい」との考えではなく)「『人間の、人間による、人間のための音楽』を作ろう」との趣旨を理解して、意向に合うようであれば、楽曲制作用アプリケーションソフトをインストールしたご自分のパソコンをご持参ください。
(基本的には、ご自分のパソコン持参で受講に来て、作った楽曲データも、そのご自分のパソコンで手を加えるだけですので、ご自分がよく知らないうちに「作った楽曲データファイルの複写がネットへ流出する」ということはなく、ご安心です)。


DTM・MIDIを扱う人は、「各楽器音色は、その各楽器で演奏できることを想定して楽曲を作る」のが、自分も理解しやすく、他人へも「実演するなら、この楽器でこのように演奏すればいい」と説明できる、妥当な考え方です(ボカロアプリは、はまらないための安全対策が充分ではないかもしれないので、あまりオススメしていません。声楽やカラオケ好きの人はむしろ、「自分で歌えるからボカロなしでいい」という方が多いです)。なお、バンド曲やアンサンブル曲を作りたい人は DTM 好きだったりしますが、「歌+ピアノ/ギター伴奏」曲や「楽器ソロ/デュオ」曲や合唱曲などおおむねパート3つか4つまでの曲を作りたい人には DTM を用いない人も多いので、DTM は必須ではありません
ゲームにハマるほどのめり込んでいる人は、各音楽ジャンルの学びの趣向により「音楽はゲームではない」との立場をとる必要もあったりしますので、「パソコンやスマホでゲームにもDTM(楽曲制作用アプリ)にもどっぷり」などというのはオススメできません。ゲームへの関心が薄れてからお越しください。

作曲アレンジ講座の受講ご予約や、レッスン・ゼミの予約・お問合せは…

レッスン受講のご予約・お問合せは、渡利辺祥楽舎へお電話ください。

1:「音楽を習いたい件で、電話しました」とおっしゃってください。
  最適な受講内容を相談します。受講開始前に打合せご希望の方へは、会場ロビーで
  お会いして、ご持参の学習済み音楽書などを一緒に見ながら打合せすることも可能です。
2:受講希望日時・場所は、受講者と講師との日程が合う日で、予約を確保。
  受講料は当日持参。

渡利辺祥楽舎(わたりべしょうがくしゃ) 0721-28-8000 大阪

お電話受付は、平日・土日祝の午前11時〜夜21時。
19〜21時はお電話つながりやすいです。

レッスン中で防音室にいる場合や交通移動中で電話がつながらない場合は、お手数ですが時間帯を変えて再度おかけ直しいただくか、こちらから折り返しお電話いたします。


トップページ(パソコンでご覧ください)>作曲アレンジ講座・音楽作曲レッスン・セミナー案内(大きな字)